アナルや肛門をほぐす前立腺マッサージ法

前立腺マッサージを行う時にアナルを洗浄することと共に前段階で重要になるのが肛門をほぐすことです。いきなり肛門に指やグッズを入れたとしてもうまく行きません。

そもそもの話、男性の肛門は排泄物を出すためにあるわけで、何かを挿入するためにあるわけではないので、いきなり挿入すると緊張するのは当たり前のことです。

前立腺を刺激して快感を得たいというのであれば、しっかりと前段階としてアナルや肛門をしっかりとほぐすところから始めてみましょう。

肛門をほぐすことを怠ると挫折につながる

肛門をほぐさないでいきなり前立腺を刺激したとしても、指やグッズが入っている段階で買い考えられないという結果になりかねません。
もしかすると、肛門や直腸壁に痛みを感じてすぐに挫折をするという結果になってしまいます。そうならないためにも、きちんと肛門を時間を掛けてほぐす必要があります。

アナルや肛門をほぐす方法は

アナルや肛門に入れる前に、その付近をたっぷり温めるところから始めていきます。夏場であればいいのですが、冬場であれば表面が冷たくなっているので、それでは肌の伸びが悪くなります。そのため、しっかりと温める必要があるでしょう。

お風呂に入るのが一番いいのですが、入れない状況の場合はカイロをタオルでくるんで、肛門に当てることで温めることも効果的です。

続いて指を使ってアナルや肛門をほぐしていくのですが、その前に指サックやローションなどを用意しておきましょう。

指にたくさんローションを塗った後に、肛門にも同じように塗ります。冬場はローションを温めておくのもいいことです。いきなり太い指で突っ込むのではなく、指で周囲を軽く押したり揉んだりしながら挿入していきます。

この段階で挿入することが難しいのであれば、大きく息を吐いた状態で指を突っ込むとうまく入ったりします。肛門に指を突っ込むという意識ではなく、肛門の緊張を解くようにほぐしていくのがいいでしょう。

アナルや肛門をほぐすことで快感が得られる

アナルや肛門をほぐすことを怠ると挫折することにつながります。早く突っ込みたくなる気持ちを抑えて、アナルや肛門の緊張を解くように、しっかりとほぐすことを忘れないようにします。